水田マリ 縄パートナーさんに感謝♡

縄パートナーさんから、発表会のモデルに!と申し込まれてから9ヶ月!
あの頃は、水田マリ、緊縛のことも、縄パートナーさんのことも、ほとんど何も知らなかった。
緊縛については、本当に興味があった程度で、面白いな!好きだな!と思い始めた頃でした。
縄パートナーさんに出会ったことで、私の縄についての方向性や想いが・・いろんなことが
見えてきたように思います。
縄パートナーさんは、本当に真面目で努力家で・・・。ちょっと不安症なところがあり、長い時間縛ることは絶対にしません!すぐ縄を解いてしまうのでよく不満に思っていました。(^_^;)
安全面で細心の注意をされる人です。
SM・緊縛!という言葉、これまでのイメージとは、かなりかけ離れたような感じがします。
だからこそ!私は、そんな縄パートナーさんと、これまで一緒に歩んできたのかもしれません。
緊縛=エロみたいに思っていたものが・・・
殆どを発表会に向けての練習に時間を費やしていたので、習い事!部活!のようでした(^^;;
でも、発表会になるべく良い形で挑みたい!2人の縄を表現したい!という気持ちが合わさって、
目標に向かって頑張る!そんな時間がとても楽しいものでした。
発表会を終えて、2人で悔し涙を流すこともありました。
何度も、「何か違う」「ここが痛い」「こうしてみたら?」「バランスが・・」
そう言う風に一つ一つ気づいたことを言いながら、縄パートナーさんがそれを
一つ一つクリアしながら・・・。そんなことの積み重ねでした。
2人で、課題に挑戦する!とても面白い!やりがいのある事でした!

でも、なぜ私たちだけ、こんな苦労をしていたのか?今でも良くわかりません(^^;;
周りを見ても、私たちほど練習しているようには感じないし・・・。
縛り手と受け手がこんなコミュニケーションをとっているようには見えないし・・
私たちは特殊なのかもしれませんね!?

頑張りすぎ・・真面目すぎ・・・なのかもしれません(^_^;)
でも、それが私たちらしい!私と縄パートナーさんのやり方!だったのでしょうね!
その真面目さが、見てる人にとっては、面白みがない!梱包作業のようだと思われる!
という悩みもございました。
そこをどうクリアしていくのか?一番の悩みどころでしたね!
でも、私たちなりに練習していく中で、お互いが、尊敬?し合い、思いやり合う、感謝する気持ち
たくさんの想いから、生まれる関係性が、作業感をなくせるのかもしれないと思いました。私たちは、まだまだ未熟者で、緊縛をかじっている程度の2人、ショーをするわけでもないし、
努力と、お互いを思いやることしかできないのですから。縄に集中する、縄パートナーさんを信じること!縄を感じる・縄パートナーさんを感じる!そして縄の世界に入り込んでいく自分を感じること!
「お互いを見て!お互いが向き合って!」それを合言葉に・・・。
それが、私たちの表現の形!
最後は、皆様の心に少し、私たちらしい想いを届けられたのかな?
(^ ^)
今出来ることを一生懸命最後まで頑張れたと思います。
そんな9ヶ月!とても楽しかったし、充実していた!
とても幸せな時間でした。本当にありがとうございました。

受け手としての幸せ・喜びを知ることができました。
縄パートナーさんに出会えて本当に良かった。

お別れまで、あと5日!もう私に出来ることは、少ないし、何もできないのかもしれません。
縄パートナーさんが幸せな人生を送れるよう陰ながら心より応援いたします。

誰かと向き合って、過ごす時間はとても幸せなものです。
皆様もそういう関係性を築けるパートナーと出会えたら幸せなんだと思います。
私の実際の体験が皆様に何か伝えられたら嬉しく思います。
バランサはそういうお手伝いをする役目!
興味がある方はお問い合わせくださいね。

いつか、縄パートナーさんに会えた時、頑張ってるね!と言ってもらえるように!
水田マリもしっかり生きて行きたいと思います!
僕の元縄パートナーはバランサの水田マリなんです!と自慢してもらえるくらい
バランサの知名度を上げられるように!水田マリに出会えてよかった!と言っていただけるように・・・
会員様に幸せを届けられるように頑張ります!

発表会のモデルを申し込まれた時に頂いたストラップです。
その時は、何も考えずに、「わ〜い!可愛い♡ありがとう!」と軽い気持ちで
頂いちゃいました。でも、今は彼との絆の象徴のように感じます。

関連記事

  1. 「バカっぽく見えてしまう人」・・SM出会い

  2. バランサ2019年9月・10月のイベント(緊縛講習会・面談・撮影会)

  3. 水田マリ復活!!早っ(^◇^;)SM仲間に恵まれて♡

  4. 責貞、鞭を持つ2(バラ鞭GET)

  5. 心の余裕・・人としてのあり方を考える☆マリ談

  6. 縄会での気遣い

  7. バランサ緊縛講習会1周年を迎えて(責貞コラム)

  8. たくさんの人と会話をしましょう!

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter