「変態こそより常識的であれ」

「変態は褒め言葉です!」
と言っている水田マリですが、「変態こそ常識人であれ」
ということを同時に推奨しております。
プレイの時は変態万歳です!しかし、常識あっての変態であってほしいと思います。
ただの変態では、ご承知の通り警察のお世話になり兼ねません。
また、お相手や周りの人からの信用・信頼は得られません。素敵なS男性は、普段は
大変紳士的だったり、温厚だったり物静かだったり、お優しい方が多いです。
女性もそうです^_−☆
そういう方だからこそM側は、心を開き、身を委ねるのです。

自分の欲求を満たしたい!それだけをぶつけてしまう事はお相手を十分に満足させる事
が出来ない可能性があります。SMはお互いが満足できることを目指してもらいたい
と私は思います。

また、M側の大事なポイントとしては、しっかり反応をして、相手に伝える!ということです。
S側が与えてくれているものに対して、どのように感じているかを表現する事は
S側にとってとても喜びや楽しさに繋がります。反対に何か違う・・・ということも
伝える事は、2人にとって成長に繋がる事だと思います。
うんともすんとも言わないプレイは面白くありません・・・。
S側の心も折れてしまうのでは無いでしょうか?
上手に表現できるMはとても魅力的だと私は思います。

SとMという姿がどうあるべきか?答えはたくさんあるかと思います。
色んなタイプがいていいのですから・・・。
しかし、皆、常識的である事は必須です。
ルールを守り、常識の範囲内で、みんなが嫌な思いをしない!ということを
心がけていきましょう。

「変態こそより常識的であれ」

関連記事

  1. 節分は楽しみましたか?

  2. 良いSMパートナーの関係性は・・?

  3. SM仲間の輪!緊縛・ポートレート撮影会企画中のお知らせ♡

  4. 2018/4/22 バランサ緊縛講習会を終えて②

  5. 人の記憶力って・・・(T ^ T)

  6. SM緊縛!責貞との縄パートナースタート!

  7. SMパートナー♡尊敬できる女性と出会いたい!

  8. 非日常感って何?

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter