SMの世界って怖いの?SM出会いバランサ

今年に入ってあっという間に2週間が経ちました。
お正月気分も抜けて仕事に取り組んでおります。
SM出会いや緊縛講習会・・・・。お問い合わせには本当に勇気が
いることと思います。
すごい怪しい人が出てくるのではないか?
怖いところに足を踏み入れてしまうのではないか?
そのような事を不安に思いながら問い合わせをしました!
という方が多いです。
しかし、実際に水田マリやSMに関わる人に出会ってみると
とても普通といいますか、どこにでもいるような人たち・・・
という印象かと思います。
ボンテージを着ているわけでもないし、鞭を振り回しているわけでもないし・・・
普通・・・・・・笑
とても安心されるし、連絡してお会いできて良かった(^ ^)
と笑顔で帰られる方がほとんどです。

知らない人からしたら、SMって酷いことをする人たち!
というイメージが強いのが現状かと思います。
SMはストレスをぶつけるような物でもないし、ただ単に酷いことをするものでもありません。
酷い事をされたいわけでもありません。(※一部嗜好によってはいらっしゃるかもしれません)

私の思うSMは、お互いが快感や興奮を得るために相手のことを想いあって行う
愛情の行為だと想います。
相手が喜ぶことを探して追求しているので、一方通行の行為ではありません。
二人が合意のもとに築き上げていくとても愛のある行為なのです。

では、なぜ酷いことをしているイメージがあるのでしょうか?
それは、スパンキング・ビンタ・首絞め・鞭打ち・・・・・
そういう痛みを与える行為がSMの中で行うことがあるからだと思います。
M側は痛いのが好きなのでしょうか?
多くのMは痛いのは普通に痛いので苦手だと思います。
ではなぜ痛いことを望むのでしょうか?
それは、痛いの先に気持ちいいがあるからです。
身体の不思議な作用ですね!
痛いの先に気持ちいい?ここでは詳しくは説明しませんが、
結局は、痛い行為によってその後気持ちよくなる・興奮する・感度が上がる・・・・

SもそんなMをみて声を聞いて興奮することでしょう!

S側の話をすると、道具を使うのも技術がいるし、道具を使わなくても、
どのタイミングでどの程度の強さでどこを・・・・勉強したり、探りながら・・
本当に難しく、でもそこが楽しいし、それが相手の良い反応として帰ってくれば
最高の喜びとなることでしょう!

SMで相手に心と身体の満足を与えたい!男性も女性もそのような想いを
持っている人たちが多いのです。
(※中には自己中心的な方もいらっしゃるかもしれません)

そういうものを真剣に向き合っている方が多いのですし、常識的でなければ
信頼されません。信頼されないと体を委ねられません。
皆さんの一般的なイメージとは逆に、より人として常識的でなければいけないのです。

痛いのに気持ちいい?って何だ?そんな不思議などを知る事で、
面白い!と感じる事と思います。
SMを楽しんでいる人たちは怖い人ではなく、
性・・心と身体により向き合っている人たちなのです。
そこには、地道な努力だったり、勉強だったりも必要ですし、
信頼されるような、人としての魅力が必要だったりします。
SMをする方はより常識的であるべきで、相手を想いやる心が必要です。
怖くはないですよね!笑
私は、良い仲間に巡り会えました。そういう場所を自分で判断して同じ
気持ちを持っている人たちの場所を選ぶ事が大切だと思います。

※上記は私がこの世界で感じた事です。
しかし同時にそうでないかたも一定数いらっしゃるとも感じます。
自分の身は自分で守らなければいけないのも現状です。

関連記事

  1. 失敗は多いほど得???人間関係の構築に役立つ!

  2. GW は緊縛用の縄を作ります。

  3. 楽しい時間・・・。

  4. 縛り・緊縛講習会・縄会

    2020.08.23(日)明日は第25回バランサ緊縛講習会

  5. 水田マリ、同窓会に参加して

  6. 水田マリのお仕事 珍エピソード

  7. 2018年お世話になりました。良いお年をお迎えください。Ἰ…

  8. 夏のチャレンジ!

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter