10月バランサ緊縛講習会報告

先日、毎月1回のバランサ緊縛講習会を開催いたしました。
講師にSIVA女王さまをお招きしております。
楽しく、しっかり、真面目に!
緊縛というものは、危険を伴います。
まず、緊縛は危険なもの!絶対大丈夫!というものはない!ということを知る事!
その危険を!リスクを減らすために学ぶ!安全性を高めるための生きた緊縛の
技術・知識を学んでおります。
先々、その危険を知った上で、どんな責め縄ができるか?何をどうすればいいのか?
そこまで考えることができるように・・・・。

バランサでは、危険を伴うSMを少しでも安全に楽しむことができるように!
少しでもサポートできれば!
SMによって、心も身体も傷つく人が減るようにと願っております。

緊縛の技術を習得するには、日々努力!繰り返し練習すること!

忘れないように・・・
忘れたら思い出す・・・
身につくまで何回も・・・

という事が大事になります。
みなさん同じです!忘れてしまって、真っ白になって、少しアドバイスをもらうと
そうだった・・と思い出しながら・・の繰り返し!
どうしても、私生活では、縄に触れる時間は限られてきます。
そこに、どれだけ練習する時間を作るか?!それは本人の縄に対する情熱!だと
思います。車の中や、1人になれる時間など、少しの隙間時間に、自分の脚や、椅子など
本格的な練習でなくても、練習しようと思ったら、いくらでも出来ます!
私も車に乗るときは、縄を持って乗ります。
コンビニの駐車場などで、結びの練習をしたり・・・^_−☆
縄に触る事が大事です!
月に1回の開催も本当は少ないと思っています。毎週講習会が開ければ・・・せめて
月に2回開催できれば、皆様の上達が違ってくるのかと思います。
(縄会の間隔が短ければ、忘れないうちに確認・・次へ進める!)
毎回参加できなくても、どこかの日程で、皆様が最低月1回は参加できるのかと・・・!
現在の月1回では、お休みしたら2ヶ月時間が空いてしまうのです!
しかし、現状では、月1回の開催で精一杯です。

今回の講習会では、縛り手・受け手ともに、多数の参加表明をいただいておりました。
水田マリ、ウキウキしておりました♡
しかし、当日の開催時間前30分の間に参加キャンセルの連絡が相次ぎ・・・。
理由は、体調を崩してしまいました。仕事が・・・。外せない用事が・・・。
連絡なしの欠席!等でした。予定より、縛り手が4人、受け手が2人のキャンセルで・・・・
しかし、講師陣・縛り手・受け手、合わせて10名程人はいたので、楽しい講習でした。
縛り手は人数がいつもより少ないため、しっかり学ぶこともできましたし、
1本縛り!を体験したり!実践したり!見る事ができ、面白い講習になりました!
それはそれで、とても良い講習会となりました。

運営的には、マイナスでございます。
基本的にバランサの考えとしては、毎月開催を目指しております!利益がなくても
マイナスでなければ開催する方針でございます。
参加者様の練習の場を無くしたくないからです!

でも、私が教えられるわけではないので、どうしても会場代・講師代等経費がかかって
しまいます!参加者が少ないと大幅にマイナスになってしまいますので、その場合は、
場所を解放しまして、施設使用料のみの低料金での、講師なしの練習会!という形に変更
しなければいけない状況になってしまいます。
なので、参加人数が最低人数を越して初めて講師を迎えての開催となります!
その参加人数が当日、30分前に何人もキャンセルとなると、運営側にしては
大変困ります。
その為、当日キャンセルは、キャンセル料が発生します!
しかし、実際には、一緒に頑張っている仲間からキャンセル料をとることはできません。
具合が悪くなった方々も、ギリギリまで行けるようだったら!と思ってくださって
いたと思いますし、参加したかったけど、様々な理由で無理だった・・・ということも
ございます!
キャンセル料をお支払いします!と言ってくださる参加者様もいらっしゃいました。その気持ちだけで嬉しいです!(^ ^)
とても参加したくて楽しみにしていたのに肝心なときに熱を出してしまい・・・というお言葉もいただきました(^ ^)
キャンセルしなければいけなくなって、残念な思いをされていた方がほとんどだと・・・
参加できなかった皆様が、次回参加していただければ、水田マリ大変嬉しいです^_−☆

今回は、当日開催前の30分での多数のキャンセルと、初めて参加の2名の連絡なし!に
正直凹みました・・・。(;_;)

理由がある方は仕方ないです。連絡なし!というのは人としてどうなの?と思います。
来るはずの人が来なかったらどう思いますか?
何かあったのかな?場所がわからないのかな?渋滞にでも?途中、事故にあったのでは?
心配します!それが普通だと思います。当たり前のことなのです!
私は、バランサに問い合わせしてくださって、学ぼうとされる方を大切にしたいと思っています。

その気持ちを裏切っているのです!私の想いは、一方通行な想い・・・・となってしまいます。
「都合が悪くなりましたので参加できなくなりました。」その一言でいいのです!

上記で述べたように、SMは危険を伴います!
常識的であることは必須です!
バランサの問い合わせでも、メールのやりとりすら出来ない
、一言返信など・・多数いらっしゃいます!
(その場合、残念ながらバランサとの信頼構築ができないと判断し、おつきあいできません)
コミュニケーションが取れないような人や信頼できない人とSMができるのでしょうか?
お相手の気持ちがわからない、気にしない、状態を把握できない、想像できない・・・では
SMはできません!危険を察知できるのですか?

バランサは、そういうコミュニケーションや常識的な振る舞いや気遣いができることが大事だと思っています。人としての繋がりを大事にしていますし、大人である私たちでも注意し合えるような
関係でありたい!色んな面で、共に成長できる場でありたいと思っております。
そうすることで、人として魅力的に!SMを安全に楽しむことを目指しております!

皆様のSMや人に対する想いやお気持ちで、バランサは支えられ、成り立っています!
皆様の集える場を存続できるようご協力よろしくお願い致します。

※水田マリ、毎回、自分主催の講習会なのに、責貞に受け手として参加しているのだから
受け手参加料を払わされております!笑笑
今回、参加者が少なかったので、なんと!途中から、受け手から、水田マリ縛り手として参加!
基本の本結びに苦戦!!私・・・巴は出来ても、本結び苦手で出来ないんです!(;_;)
結び方は合ってるけど、引っ張ってしめるのが違うらしい・・・。留まってない・・・。
縄の仕組みがわかってないのです(⌒-⌒; )
でも、縛り手さんも、講師陣も皆さん親切に教えてくださいますし、
身体を差し出してくださいますが・・・まだ人は無理です!
椅子や自分の脚でコツコツと練習致します!
思わぬ、縛り手デビューで・・・。
後で、ちゃんと、縛り手としての参加料追加して支払いましたよ・・・。(⌒-⌒; )
楽しかったです!縛り手の大変さを知ることも受け手として成長すると思っております。

 

関連記事

  1. 3月18日(日)バランサ九州 縄会大盛況♡飲み会も♡

  2. 2018/5/26 バランサ緊縛講習会を終えて

  3. 『福岡』バランサ第一回目緊縛講習会を終えて・・・⓵

  4. 『福岡』バランサ九州 緊縛講習会を終えて・・・③

  5. 縛り・緊縛講習会・縄会

    2019.6.23バランサ緊縛講習会を終えて

  6. 4月1日 『福岡』面談相談会を終えて

  7. 縛り・緊縛講習会・縄会

    2018/8/26第5回目緊縛講習会を終えて

  8. 2018/4/22 第2回バランサ緊縛講習会を終えて①

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter