SM出会いの方法

娘が「自慢していい?」っと突然話しかけてきました。
もう、早く話したくてたまらないという表情!(^_^;)
「何?」っと聞いてあげると・・
「イケメンの彼氏ができた♡」と・・・・
私は、何か怪しい・・・と感づいて、「どこで知り合ったの?」と聞いてみました。
そうしたら案の定・・「お母さん怒るからあまり言いたくないけど・・」と
ツイッターで見つけた人に声をかけたらしい・・・。
「ちゃんと本人を知っている出身中学校が一緒のお友達に、変な人じゃないか?確認した!」との事・・・・。

最近は、このような出会いもSMの世界でも多いようです。
娘は、まだ、知り合いに探りを入れることができたからまだ良いのですが、
ほとんどは、見ず知らずの人と、ツイッターでの会話や内容で、好きかも!いい人かも!
という、思い込みで、会ってみたい!と思ってしまうのでしょう。
もしかしたら、良い出会いもあるのかもしれません。
しかし、危険もたくさんあると思います。
文章っていくらでも良いようにかけますし、良い自分を演じることも簡単です。
掲示板などより、ツイッターは身近で、安心?簡単?な感じがするのかもしれません。

しかし、SMって、拘束されたりしたら、抵抗できない!
何をされても・・・もう、そうなってからは遅いのです。
酷いことをされても、無理やり・・・妊娠などしても責任はとってもらえない・・・。
どこの誰だかわからないまま・・・やり逃げされるかもしれません。
お金を取られたり、放置されたり・・・・。
それまでは、優しくしていても、突然豹変する人もいるかもせれません。
そういう出会いも否定はしませんし、便利な世の中になって、そういう時代の
流れなのかもしれません。
しかし、私は危険があるということをわかって欲しいと思います。
自分を大切にしてもらいたいと思っています。
そういう事がないように、私はバランサをやっています。
まだまだ、力不足かもしれませんが・・・
九州のSM愛好者がたくさんの出会いができるように頑張ります^_−☆

関連記事

  1. 褒められたい!認めてもらいたい!それだけなのに・・・。

  2. 縄酔い・・・

  3. バランサ2019年2月・3月のイベント(緊縛講習会・面談)

  4. 水田マリコラムをサボって申し訳ありません

  5. 緊縛・・・受け手も積み重ね!が重要です!

  6. 水田マリさんへ(一周年を迎えて、責貞コラム)

  7. トビラの会M女性から応援メールを頂きました❤࿠…

  8. 水田マリ 第2回目の縄の発表会を終えて・・・➀