縄の旅立ち・・・Nちゃんの元へ・・・水田マリ

本日、元縄パートナーさん(Nちゃん)からお預かりしていた縄を、宅急便で返還しました。
1年と2ヶ月ぶりに、持ち主の元に旅立って行きました。
染め縄は、Nちゃんが縄を始めて、黙々と練習をした、努力が染み込んだような縄です。
縄頭を見ると、その努力の跡が見えます。しかし、よく手入れのされた、可愛がられているのが
よくわかる縄です。バランサ緊縛講習会を始めてからも、縄を持っていない、初心者様にレンタル縄
として、水田マリの練習用の縄として、最近は、緊縛写真撮影にも活躍してくれました。
レンタル縄として使わせて頂いていた理由として、やはり、Nちゃんのように、頑張って欲しい!
という思いや、縄を大切にする!育てることの大切さ、手に持ったときに、何かを感じて欲しいという思いがありました。もちろん、綺麗なグラデーション縄を使用することで、
見た目にも、楽しく、美しく感じてもらえたらいいな・・・と。

もう一つの縄は、とても名高い方が作られた縄です。
この縄は、Nちゃんの水田マリ専用の縄でした。この縄で、発表会に何度もチャレンジし、
課題と時間ともっと大事な縄の繋がりを模索し、2人を繋いだ縄でした。
縄パートナーとしては、10ヶ月?ほどの短い期間でしたが、無知な水田マリは、たくさんのことを
学ばせて頂いたように思います。

いつかは、持ち主の元に送り出さなければいけない!持てる環境になればいいな!
と思いながらも、いざ、その時が来ると、娘を嫁に出す気分です。
寂しいな・・・と思います。
Nちゃんが、どんな思いで、この縄を私と責貞に託して行ったのか・・・と思うと・・・・。

また、新たな地で、縄を楽しんでくれたら良いな!と思います。

さてさて、ということで、縛り手でもある、水田マリ!マイ縄を持っていないことに
気づいてしまいました!!笑笑
Nちゃんの縄2セット20本と責貞の縄も1セット10本ほどを、水田マリ預かっていたので、
その縄を管理するのに精一杯だし、(責貞は自分で入れ替えながら手入れをしていますが)
自分の縄みたいなものだったので・・・。
突然、縄ない事件です!
水田マリ、突然Nちゃんの縄が全部なくなるのを拒否しまして、寂しいので、染め縄3本だけ!
わがままを言いまして、手元にもう少し置かせて頂くことにしました。

縄って、普通の人から見たら、ただの縄なんですけどね!
これまでの、努力や思い出が染み付いた、大事なものなのです。

そんな風に思える縄に出来るか出来ないかは、自分次第です!
縄を始める!楽しくなる!続けたいと思う!マイ縄を欲しいと思う!
その先。どう育てるか?は自分次第です!

SMの出会いも同じです!バランサはきっかけを提供するだけです!
そこからどう展開させられるかは、ご本人次第!

自分も含めて、チャレンジしたり、努力したり、良い方向へ柔軟に変化すること、
成長すること!が大切になっていきます。

相手のことを想い、色んなことをしっかり正しく、くみ取り、
幸せな時間を提供し、共有することができるか?

お相手あってのSM!どう向き合うことができるのか?
深いですね!

Nちゃんがこれからも、イキイキとした人生がすごせるように、応援したいと想います。
トータル2年水田マリと一緒に過ごした、縄に感謝!
「ありがとうございました」


裏話
マリ「送りましょうか・・・」
Nちゃん「お願いします・・・」
マリ「やっぱり返さない!」
笑笑

責貞「泣かないようにね・・」
マリ「何で?」
責貞「思い出がよみがえって・・」

責貞にはバレバレですな・・・
「2人で頑張って行こう・・」
そうだね!もっともっと学んで・・・
まだ、全然たどり着き方も見えていない
本当の緊縛の面白さを自分たちで!!

関連記事

  1. バランサ1周年を迎え・・・。ありがとうございました♡

  2. 52歳「成長したいじゃん!人として・・・」

  3. 水田マリについて・・・⑥

  4. メールやLINEのやり取りについて・・マリ 談

  5. 「バランサ九州」の役割について

  6. ご入会について

    バランサSM出会い、モテモテ40歳以上女子♡

  7. 水田マリ復活!!早っ(^◇^;)SM仲間に恵まれて♡

  8. 2018年5月バランサ近況報告

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter