「緊縛をする人の大半は自己流じゃないんですか?」と言われて・・・

先日、元縄パートナーさんから、LINEが来ました。

前回のコラム
水田マリ「See You Again」思い出の曲
を読んで下さったようで・・・懐かしいね!という話をしました。
その後、縄は触れていますか?とお聞きした所、
「片脚1本吊り」にチャレンジするために、試行錯誤しているようでした。
相変わらず、前向きだな!と・・・^_−☆
確かに、片脚一本吊りなら、一人でも、自分の脚で・・・!
ある程度は、何か見えてくるかも知れません。
その方法について、写真を送って、こういうやり方をみんなやってたよ!とか
、相変わらず、縄パートナーさんとのやり取りは、縄についての意見交換。
それが、何だか心地よくってね(^ ^)
いつか、福岡の縄会に来て、「片脚1本吊り」
を披露してくれるのを、楽しみにしてます。^_−☆
勿論、受け手は水田マリが立候補致します。

新型コロナの影響で、皆さん縄に触れる機会が、すごく減ってしまっているかと思います。
触らないと、忘れてしまいます。腕も鈍りますので、また、基礎から再確認し、
緊縛事故につながらないように、注意してくださいね!

私も、引きこもり生活で、体力も落ち、日差しに当たることも少なく、久しぶりの
胸縄を解いた後、貧血を起こしてしまいました( ̄▽ ̄;)
受け手をする方も、気をつけなければいけませんね!

なんども言いますが、緊縛は危険が伴います。

自粛で、暇だったので、( ̄▽ ̄;)DMで少しお話をした、
ある男の子に、「自己流の縄は、私は受けませんよ!」
とはっきりお断りしました。講習会などで、指導者がいる場所でなら、
OKですけど、正直怖いです。
「緊縛をする、大半の人が自己流じゃ無いんですか?」と言うので、
例えそうだとしても、私は、もし、それで、緊縛事故に遭ったら、後悔すると思います。
緊縛事故のリスクを低くするために、緊縛講習会を開催している本人が、
自己流の縛りを受けて、緊縛事故に遭ったらシャレにならないじゃ無いですか?
緊縛の危険を知ってやってるの?緊縛事故がどういうものか知ってる?
無責任だと思います。
エロく楽しみたいのだと思いますけど、安全性に配慮して、もらいたいと思います。
それが面倒なら、拘束具などを利用したほうが、安全だと思います。

私の気持ち的には、緊縛をする、すべての人に、きちんと習ってもらいたいぐらいです!!
しかし、習える場所や、時間や・・そういう機会に恵まれる人は少ないのかなと思います。

水田マリも、世間を知ろうと、こうやって、DMなどで、知らない人と会話を
しています。実際には会いませんけどね( ̄▽ ̄;)
いろんな人がいるし、こうやって、女性に声をかけて、関係を持とうとするのだな〜
と思いました。

こういう風に声をかけてくる人は、自分のことは話さないのに、根掘り葉掘り他人のことを、
聞き出そうとするんですよ!どんな仕事してるの?年齢は?とか・・・
水田マリは、聞きたければ、自分が先に言ったら?と言い返します!
最近の若い男の子は、話した方が早いから!と言って、了承無しに電話をかけて来ます!
勿論、拒否します!自己中ですよね!相手の気持ちや状況を考えていないのですから!

インスタにしても、バランサのHP添付しているので、ちょっと調べたら、私が
何をやっているか?わかるはずなんですけどね!
調べない人って、本当に多いんですよ!そういう人は、いろんなところで、ズレている
ので、要注意です!!

インスタのコメントでも、不愉快なコメントをする人もいます。
私も、緊縛写真をアップしといて、言える立場では無いのかも知れませんが、
心の中では、自由にいろんな事を思ってもらっていいです。
しかし、本人には、「エロ綺麗ですね!」とか「魅力的です」とか
女性が喜ぶ言葉を選んでほしいと思います。
そうすると、印象もいいです。きちんと相手のことを考えてくれている事が伝わります。
「いやらしい女だな!」とか、言われても、嬉しくありません。
悪気はないのはわかっていますが、エロおやじ発言はやめた方が良いかと思います。

「自己流の人がほとんど・・」だから良いの?みんなそうだったら良いの?
そういう人達が、緊縛できるよ!と、危険をお互い知らないまま、行う事が一番
怖いのです!
「みんながそうだから!」そんな考え方がダメだと思います。
私は、その少数派のきちんと緊縛を習っている人や、周りに認められた人
の緊縛を受けたいと思います。
真面目に緊縛と向き合っている人を応援したいと思っています。

元縄パートナーさんのように、模索して、練習して、いかに危なくないように・・
と練習している人の緊縛と、ちょっと、動画や本などで、なんとなくこうかな?
みたいな緊縛どちらが良いですか?

関連記事

  1. 一夫多妻制・・SM多頭飼い・・マリ談

  2. 2018年6月バランサ近況報告

  3. 人に与える印象・・SM出会い水田マリ

  4. 水田マリの夏休みもそろそろ終わり・・

  5. 「スマートにお店までエスコート」SM出会い

  6. 離れたくない!と涙・・・水田マリ

  7. 夏の終わり(責貞コラム)

  8. 🌹mari ハンドメイドチャレンジと家庭の喜び

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter