バランサイベントを開催する意義!

先日、トビラの会の会員様、ハイスペック男性とLINEで、バランサのイベント
の方向性について男性の意見を聞いておりました。
トビラの会・バランサ会員様男性はバランサに何を求めているのでしょうか?
もしかしたら、出会い以外、何も望んでいないのかも知れません。
お食事会やこの前イベントしたみたいな花火などは、「家族や仲のいい友達と
行った方が楽しいんじゃないの?」と言われてしまいました。
わざわざ、知らない会の会員さんと食事をする必要はない・・・という考えで
参加しようと思わない方が多いのかも知れないと思いました。
それも一理あるのかも知れません。食事は気のしれた仲間や家族と楽しんだ方が
楽かも知れないし、楽しいのかも知れません。
しかし、私はそれは、日常でいくらでも楽しめばいいと思います。
バランサでのお食事会では、普段の出会いでは、お互いが出している条件が合わないため、通常の出会いでは、出会わない異性と顔を合わせることもございます。
年齢とかの制限があったりして出会えない相手がいるということです!
しかし、実際に会ってみると素敵だな!と思うこともございます。
それがきっかけで、正式に出会いをするということも可能な場合も出てきます!
これも一つのチャンス!なのです。
お食事会や緊縛講習会に参加された方はお分かりだと思うのですが・・・
特に会員様は、あまりSM関連の場に出る方は少ないのではないでしょうか?
SMの話とか、SMに実際に触れることがパートナーさんがいない限り少ないのかと思います。堂々とSMの話をしたことがありますか?
とても、楽しく、心が解放されます!SMが好きでいいのです!変態でいいのです!
それが当たり前の仲間と嗜好の話などをすることで、皆さんとてもいい表情をされています!そういう仲間と花火に行く!食事をしながらSMの話をする!
縄の技術や知らないことを知る機会を得ることができる場に参加することで
もっともっと、SMを楽しむことができるようになると思います。
そういう仲間と楽しむことができると、コミュニケーション能力が上がったり、
縄の技術を習得することも、魅力となり、出会いが成功する確率が上がるのでは
ないでしょうか?
自分だけの世界に閉じこもるという事は、知らないことを知らないままにするという事かも知れません!間違ったことを間違ったまま・・・ということもあるかも知れません!危険だということすらわからないでやってしまうかも知れません。

最近見たTwitterでAVはファンタジーです!と書いてありました。
AVを全部真似したり、そういう風にするものだ!というのは、違うと思います。

私は、縄で縛られる!ということで、身動きできなくなる・拘束されることで
気持ちが高まり感じるものだと思っていました。
実際はそれだけでは無いのです。
私もまだまだよくわかっていないのかも知れませんが・・・
縛られることによって血流が圧迫されたり、性感帯を刺激されたり、縛り手さんの
想いだったり、距離感だったり、息遣いだったり・・・・
色んなことが合わさって、感じるのです!これは、ネットや本などで観ても
中々学べるものではありません。
緊縛師さんは、縛っただけで、受け手さんを縄酔いさせることが出来ます。(受け手さんの個人差もありますが・・)
知らない人が見たら、「何が起こってこうなってるのですか?」
となるのです。「催眠術ですか?」と勘違いする人もいるくらいです。
縄が好きな人は、圧迫系を好む人が多いのかも知れません。
圧迫系?て何?どうすればいいの?知りたくありませんか?
そういうことも、バランサで垣間見ることができるかも知れません・・・
ただし、普段見せないような肌を露出したり、そういった場所を刺激したりするような
エロいことはいたしません!真面目に、エロなしで・・・楽しく学ぶ!
というのが、バランサでございます。その技術はパートナーさんと個人的にお楽しみくださいませ♡

こういったことから、やはりバランサでの緊縛講習会やお食事会
は有意義なものだと思います。積極的に参加していただければ
嬉しいです。
何か他に楽しいイベントが企画できたらいいな?と頭をフル回転させておりますが・・
中々閃きません・・・・汗
バランサで、たくさんSMを学び、パートナーをゲットし!イキイキとした
人生を送れるようになっていただければ水田マリ幸せです♡

関連記事

  1. SM仲間と縄縄会・・・

  2. 水田マリ  面白い1日でした!

  3. 水田マリについて・・・④

  4. バランサSM出会い♡出会いにおける服装!!

  5. SM出会いにおいての相性とは?

  6. SとMどちらがコントロールしている?

  7. バランサ2018年7月・8月のイベント予定(緊縛講習会・面談会・その他…

  8. SMって痛いもの?マリ談

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter