責貞コラム(吊り編Part2)

責貞です!
水田マリと責貞との縄パートナー関係が始まりました。水田のコラムでも報告してありましたが、責貞は
縛り手としての感じ方、考えるところなどをコラムにしたいと思います。
10月14日のSIVA様主催の心繋縄会から二人の縄パートナー関係が始まりました。
今回で吊りをするのは3回目となります。最初は先月の心繋縄会、この時の感想は撃沈でした(^^;
その時の状況は以下のコラムをご覧ください。
https://balanza.jp/news-column/2018/09/2226/

二回目は前回のバランサ縄会の時。この時はSIVA様サロンでの開催となったので、吊り床を使わせてもらって
吊りの練習をしました。そして今回が3回目の吊り練習となりました。
さすがに三度目ともなると、初回、二回目よりも手順がわかってきて、少しはスムーズに出来るようになって
来ました。ただ、後手縛りから腰縄まで進んでいく中で、あれ?これでよかったかな?なんてところが
出てきたりします(^^ゞ  このあたりが責貞まだまだだなって…
いつもそうなのですが、SIVA様をはじめ周りの皆さんが的確に助言や手本を見せてくれます。
今回も福岡の縄師のKさん、熊本の若手縄師のS君などが腰縄の注意点や指を掛けての縄の取り方
などを詳しく教えてくれました。
いざ、吊りに入ると吊り上げて腰縄をカラビナに留めるところを見て、ちょこっとだけ顔を出された
責貞が使っている縄の作者、久留米の縄師Sさんが、「貞さん、最初の留はこうするといいよ!」って
手本を見せてくれました。脚を吊り上げたらSIVA様が、「貞さん、こんな風に縄をかけると感じたりするよ」
って言いながら、手本を見せてくれました。水田マリ、まんざらでもなさそうな表情(*^^*)
さすがSIVA様、勉強になりました。
本当に皆さんが色々と教えてくれて、責貞は幸せ者だなあとつくづく感じます!
吊られた感じを水田マリに確認したところ、特に痛いとか変なところは無く、いい感じ!『しばらくこのまま
吊られてもいい』と言ってくれました。なんか嬉しかったです(^^)/
一度目の吊りを終えてしばし休憩!水田マリとどんな感じだったか?こうしたほうが良いなどと
反省会!これも大切な時間です。こんな風に思ったこと、感じたことを言い合うことでパートナーとしての形が少しずつ出来上がっていくのかなと感じます^^
今日、一度目がうまくいったからと言って、二度目が上手くいくとは限らない!のが吊りの難しいところ!
二度目の吊りは左に傾き、頭が下がり気味なので、胸縄の左腕に荷重が偏って痛い!と水田から指摘がありました。
よく見たら、背縄のテンションが均等でない(左側が緩い)のが原因、しかも水田マリの右側に立って
吊り上げて、右側を基準で水平をとった為か、左斜め下がりの吊りになったようです(^^;
すぐに吊りから降ろして水田マリに謝り、反省点をチェック。吊りはやっぱり難しい、でも二人で
頑張りたいと強く思いました!

翌週の日曜日は、バランサの緊縛講習会がありました。
このときに、先週分かった課題を修正するように練習しました。胸縄の位置やテンション、S字から腰縄に移る
時の縄の留め方、腰縄のテンションや股縄の入れ方、留めの位置や方向など一つ一つ水田マリと確認しながら
縄をはわせました。次回の心繋縄会の時に、少しでも進歩できてれば嬉しいですね(((^^;)
この日もSIVA先生はじめ、講師のKさん、今回初心者コースで基本を教えてくれたTちゃんなど、皆さんから
アドバイスいただき、とても勉強になりました。
バランサの講師陣は、本当に充実していると思います。皆さんのなかで、新たに緊縛を覚えたい・少しやってるけど
ちゃんと覚えたい方などいらっしゃいましたら、是非HPよりお問い合わせください。
本当に楽しく学べますよ。責貞と水田マリの漫才のような練習でも見に来てください。(^-^ゞ

申し込みは下のURLより↓
https://balanza.jp/event/2019/01/3396/

また、この日は時間的に余裕があったので、グラウンド(床縄)についてもちょっとお勉強!K講師が
一本縄での縛りを見せてくれ、その後に課題を。「貞さん、縄一本で四肢を拘束して受け手が感じるような
縛りをやってごらん」と(^^; 責貞、ない頭を働かせてああでもない、こうでもないと試行錯誤!
何度かやり直してできた縛りが、TOPにある縛りです。もちろん受け手は水田マリ!受けた感想は
どうだったんでしょうね?でも、やってて楽しかったですよ(^-^)こんな風にいろんな縄を勉強できるのも
いいもんだと思いました。
次回の心繋縄会では進歩した吊りが出来るでしょうか?こうご期待!    責貞でした(^^)/

★責貞へ

まだまだ全然だね!受け手が感じるような縛り・・・って何だろう?
もっと色々学ぶことがあるようですね(⌒-⌒; )
頑張れ〜!!
                   水田マリ

関連記事

  1. 軽い女に思われると、女性に関心が無くなる

  2. SMプレイによる危険

  3. バランサ九州でのSMパートナーご紹介について

  4. Tシャツとトートバックが完成♡(縄会などで・・)

  5. 8月の緊縛練習会(責貞コラム)

  6. お店探しに奮闘!

  7. 縄パートナーさんと最後のチャレンジ・・練習①

  8. バランサ水田マリのイメージ

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter