Sってなあに?(責貞コラム)

久しぶりに責貞登場です!
先日、あるS男性から突然質問を受けました。「貞さん、Sって何でしょう?」って。
いきなりの直球質問に一瞬固まる責貞(^-^ゞ Sはこうあるべき、Mはこうあるべきなんて決まりがある
訳じゃや有りませんしね!そこで、少し話を伺ってみました。
そのS男性をXさんとします。XさんにはパートナーのM女性がいて、その方とのプレイの後で、Xさんには
Sを感じられないといった内容のことを言われたそうです。これはつらい(-_-;) Xさん、相当落ち込んだ
そうです。責貞でもこんなこと言われたら落ち込みます。
Xさんがお相手に、どんなことをしたいのか?何を望んでいるのかを確認しても、それはお任せしますとの
回答だそうです。時間もなくて、あまりお二人のプレイの内容などは聞けませんでしたが、責貞が思うに
Xさんはとても優しい性格の方ですので、プレイで攻め切れていないのではと話しました。
お相手の方が、まだ大丈夫と思っているところに、Xさんはそろそろ限界かなと思ってプレイをやめてしまうとか。
NGワードを決めて、それ以外の言葉、例えばイヤとかムリとかダメなどの言葉がお相手から出ても、
プレイを続けるとかを試してみたらどうですか?といったことを話しました。
お二人のSM感の中で、世界が広がっていけば良いなあと思っております。
Sって何?Mって何?これって人それぞれだから、答えは無限大なんでしょうね(^-^ゞ
あらためて責貞はどうなんだろうって考えてしまいます。女性が縛られている姿はとても綺麗で、色気を感じます。
女性が恥ずかしがる姿や、感じている姿がとても好きです。
そうそう、最近責貞は鞭にも興味を持っています(^-^)v きっかけは先日のシークレット3周年記念の時に
購入した、カワイイ鞭のせい!これがなかなか使える代物で、パートナーとのプレイの中でも活躍しています。
鞭についてはまだまだ駆け出しですが、今後責貞鞭コラムでも書いていこうかと思っています。
鞭を受け、痛みに耐えながらも感じてくれる姿は、とても綺麗で色っぽいものです(^^)
こんなのを考えると、責貞はやっぱりSなんだろうなって思いますね!しかし、すべては信頼し信頼されている
パートナーさんがいてくれるお陰。その信頼関係のなかで何をするのか、どこまでするのかなどのさじ加減
をしっかり見極めながら、お互いで作り上げていくもの、それがSMなのかなって感じます。
SMの世界ってとても広くて複雑ですが、その中で自分にあったことを見つけていけばいいのかと!
だから答えは無限大だし、常に変化や進歩をするものなのかなって思います。
Xさんとパートナーさんが、お二人のSMの世界を築いていってもらえたら嬉しいですね(^.^)

やっぱりSMは、パートナーさんとの繋がりがないと始まりませんね!パートナーがほしいって
思っていらっしゃる方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
▼ご入会案内
https://balanza.jp/guide/

関連記事

  1. SM出会い・・バランサ九州 待ち合わせ編

  2. あのお店に行って来ました(責貞コラム)

  3. 責貞についてPart1《SM出会いについて》

  4. バランサ緊縛講習会の目的・・・マリ談

  5. いよいよバランサ男性会員様とトビラの会女性会員様とのマッチング♡

  6. バランサと水田マリについて

  7. 縛り・緊縛講習会・縄会

    2018.11.18日バランサ緊縛講習会を終えて

  8. SM出会い・・バランサ九州 服装編

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter