水田マリもっと時間が欲しい!!

水田マリ  もっと時間が欲しいです!

1日が本当に短く感じます。あっという間に1日が過ぎて行きます。
楽しい時間は特に!寝ている時も・・・。(まだまだ寝たりません)
でも、嫌なことや暇な時間を過ごしていると時間が流れるのが遅く感じますね!
水田マリは、仕事も家事もしなければいけないし、遊ぶ時間も欲しい!
何と言っても、誰にも気を使うことなく、思いっきり自分が楽しむ時間が欲しいです!
贅沢な時間ですよね!したいことがたくさんあります!!
早く帰らないと!ご飯作らないと!仕事にいかないと!もう寝ないと!
そんなのばっかり・・・・。
皆さんはどうですか?
時間だけでなく、お金もある程度あればより、したいことは山ほど出てきますよね!
まぁお金の話をしてしまえばキリがないので・・・時間だけにしておきましょう!

余暇の時間、皆さんは何をしていますか?
楽しく過ごせていますか?充実していますか?やりたいことができていますか?
水田マリは、正直、まだまだ色んな事に追われて、満足できるような時間の余裕はありません。隙間時間をいかに楽しく過ごせるか!と奮闘しております。
本当は、あれもしたい!これもしたい!とたくさんあるのですが、その中で今できる事、優先順位が高いものだけしかできていないように思います。
でも、それは皆さん同じだと思います。いかに、する事をきちんとこなして、残った時間を
上手に使うか!と言う感じだと思います。
しかし、時間がない!と言い訳はしたくないものです!
「時間は作るもの!」
でも、最大限に作っていても、したい事がそれを上回り過ぎて・・・・。
それって幸せなことなのかもしれませんね!
人生の楽しみ方を知っている!と言うことなんだろうと思います!
忙しい=幸せなのかもしれません!
仕事があることも幸せなんですよね!
今朝TVで誰かが言っていました
仕事は楽しくない!と言う人もいるかもしれませんが、「自分がしたい仕事・楽しい仕事についている人は、ごく一部、一握りなんだと」「みんなが楽しい仕事ばかりしていたら、世の中成り立たない!」「嫌な仕事・きつい仕事・・・・・色んな仕事を誰かがやってくれているから世の中が成り立っている」と・・・。その通りです!
自分の役割をしっかり果たし、余暇を最大限に楽しむ!
楽しみたい事がたくさんありすぎて、困っている水田マリは本当に幸せ者ですね!
でも、本当に時間が足りない!
単純にいえば、1週間を8日にして、週休3日にしたいくらいです!
もしくは、週休3日にして、労働時間を減らして、でもお給料は変わらず・・・ください!(^_^;)
主婦の家事労働を土日免除でも良いな!
共働きの世の中になっているのに、女性が家事をしなければいけないと言う固定観念・・・
主夫や男性の育休という言葉も出てきているが・・・。まぁ女性が出産するという事は変わらないので仕方ない部分もあるけど・・・。女性が家事・子育てをするのが当たり前みたいなのは・・・。
女性が家事・子育てに専念しても暮らしていけるだけのお給料をくださ〜い!笑笑
それも立派な仕事です!子育てで専業主婦していると、夫に養っていただいてる!
みたいな考え方も要らない!女性が出産し、立派に子育てをする事がどれだけ世間に貢献している事か!でも、現実的には、収入源が減る!子供にお金がかかる!仕事に出ていないと世間から取り残されているような気持ちになる!
だから、働きに出る!仕事と家庭を両立することになる!
いっぱいいっぱいになる!でも、自分の楽しむ時間も欲しい!
それが現実!!
もう少し、子供が大きくなって、就職したら、水田マリの時間も増えるのでしょうかね?
もっともっと楽しめるようになるのかな?
そうなる時を楽しみにしたいと思います!
もう、子供の心配もないよ!
独身だから自由だよ!という人は、どんどん楽しむべきです!
人生の時間は限られています!
仕事と余暇のバランスがとてるようになったら良いな!と思います。
性的な嗜好の満足も人として大切な部分だと思います。
皆さんも、そう言った部分をオープンにできる場を探してみませんか?
バランサは、そういう閉鎖的な部分を解放する事で、より幸福感を得る事ができると思います。同じ嗜好の仲間たちとおはなしをするだけでも、心が解放されますよ!

関連記事

  1. 3連休のご報告・・・。と、熊本面談希望者募集!

  2. 褒められたい!認めてもらいたい!それだけなのに・・・。

  3. SM出会いにおけるコンプレックス

  4. バランサ九州 2018年5月・6月・7月のイベント予定(お食事会・緊縛…

  5. 福岡SM出会い 人肌恋しい季節♡

  6. 縛り・緊縛講習会・縄会

    2018.11.18福岡バランサ緊縛講習会は明日です!

  7. 男女間の友情!・・水田マリ

  8. 水田マリ、限界にチャレンジ!笑

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter