SMへの入り口・・バランサ水田マリ

  • SM

SMには興味があるけど、SMの世界に足を踏み入れるのは、とても勇気がいることと
思います。
SMの世界と言っても、何通りかあるのではないでしょうか?
1、SMを自分とパートナー(恋人)さんとで楽しむ(自分とお相手の世界)
2、SMバー・fetishバーなどで、SMの世界を垣間見る
3、SMを体験できるような所に行く・・
風俗系・会員制クラブ?
4、SMの勉強をしたりしながら、SM仲間と楽しむ

それは、人それぞれなんだと思います。

1は、恋人と自由に楽しむ感じなんだと思います。
普通に恋人とSMをやってみるのも良いですね!
しかし、実際は、恋人に嫌われたくない!とかでカミングアウトできずに・・
という人が多いのではないでしょうか?恋人と、パートナーと楽しみたい!
そういった事を解決する方法がバランサの出会いです!
SM嗜好を持っている人同士の出会いですから♡
なので、バランサに興味がある人は①の人が多いのかもしれません。

2のSMバー・fetishバーでは、そういった話が当たり前のようにできたり、
何らかのSMを少し見たり、体験できたり、その時間を楽しみたい人が集まってくる
のだと思います。ショーやイベントがあったりする日も・・・♡
しかし、出会いとしては、男性は1回1万円ぐらいかかるけど、女性と
仲良くなれる確率は低いのかもしれませんね!

3は、お金を出して、プレイをガチで体験したい!という方だと思います。
主に男性ですね!

4は、私もそこに入るのだと思います。私は緊縛を学びながら、仲間たちと、
ショーを観に行ったり、食事をしたり、遊んだり・・・・。
普通の友達とは違う!もっと深い仲間って良いものです^_−☆
SMは、自分でも勉強できますが、自己流というのは一番危険です!
いろんな、生きた知識を学び、正しい知識を身につけることが、
自分のためであり、何よりパートナーさんのためになります!
そこを入り口にして、SMの世界の人たちとの繋がりができます。

水田マリは、①の人だったのですが、いつの間にか①と④を広める役割になってしまいました。①では危険だと思ったからです!
自分の身は自分で守るしかないのです!なので、自分で、何が良くて何が悪いのか?
を判断できるようになりたい!なので④も推奨しております。

バランサの責貞も①だったのではないでしょうか?
しかし、私に巻き込まれて・・・・(⌒-⌒; )
責貞なりに、いろんな繋がりを広げて行っておりますし、知識も身につけてきています。
先日、責貞が言っておりました!
「この世界に踏み込んで良かったと思う!!」
「まさか自分が緊縛での吊りをしたり、鞭職人さんにオーダー鞭を作ってもらうなんて!」
とても、楽しそうです!
私も、SIVA様をはじめ、たくさんの九州の緊縛師さんと交流ができたり、
SMバー・fetishバーの関係者の方々とお知り合いになれたり、たくさんのSMを
嗜好とする仲間との輪が広がっています。
今日は、関東のイケメン!有名な緊縛師さんとDMを交わしておりました♡
「今度マリさんのところで何かできれば言ってくださいね」と言って頂きました(^ ^)
まだまだ、水田マリではそこまでの力がありませんので・・・・(⌒-⌒; )
いつか、何かの形でバランサとコラボできる日を実現できるように頑張りたいと
思います!!♡

2年前には、今の私は想像できませんでした!でも、怪しい世界・ダークなアンダーな
世界に足を踏み入れた感じでは、全くありません!
みなさん、一人一人が普通というか・・・・とても良い人ばかりなのです!
1人のSMの世界に閉じこもっているより、とても自由で!イキイキとしていて、
皆さん笑顔が素敵です!この世界の中で、信頼を得ることができる人は、
立派な方が多いのだと思います!

バランサはそんな深い世界には興味がない人が多いから、水田マリの話は濃すぎて、
交友関係もマニアックすぎるのでは?という意見もありますが、
『SMの入り口を開いておいて、私はSMについては、深く知りません!」
では、無責任すぎるのでは無いかと思います!
私が学んだり、交友関係を広げることで、バランサの皆様にいろんな助言や提案
、勉強や・交流の場を提供することが出来ると思っています。

もっともっと、出会いはもちろんですが、SMの世界の楽しみ方というものも提供できるようになれば良いな!と思っています。

関連記事

  1. 2018/5/13(日)バランサ福岡面談会です!過密スケジュール・・・…

  2. SMの世界って知らないことだらけ・・

  3. 水田マリの縄練!!

  4. 料理ができるのもモテ♡要素!SM出会い

  5. バランサでSMパートナーとの出会い♡

  6. SMにおいての主従関係・・・

  7. 男女間の友情!・・水田マリ

  8. 水田マリの日曜日・・M女性面談より・・