バランサ緊縛講習会1周年を迎えて(責貞コラム)

責貞です
先日の練習会でバランサ緊縛講習会が1周年を迎えました!
水田マリの手伝いをしながら、無事に一年間続けられたことに嬉しさを感じるとともに、SIVA先生をはじめとした
講師やご協力をいただいた皆さま、ご参加くださった縛り手・受け手の皆様のお陰と思い、心から感謝しています!
それと忘れてはいけません、毎月前準備から参加者への声掛けなど一生懸命頑張っている水田マリの努力があった
からこその、バランサ緊縛講習会ですね(^-^)*
責貞も緊縛を習い始めてからちょうど一年になります。いろんなことがありましたが、あっという間の一年でした。
水田マリのコラムにもありましたが、今回の練習会はとても大勢の参加者がいらっしゃいましたので、いつもは
縛り手の責貞も新規の初心者コースの皆さんに、基本の縛りを教えることとなりました。
やっぱり人に教えるって難しいものですね(^^; 責貞自身も初心に帰って一緒に勉強したような感じで、
とても貴重な時間でした。
短い休憩時間を利用してちょっとだけ吊りの練習!水田マリに平と横、どっちがいいと確認したらどっちでも
良いよとの返事。じつは先日練習した時に、平吊りが不調でした(^^; 最近横吊りの練習ばかりしてたから
かもと思い、今回は平吊りにチャレンジ!
いつものように後手縛りから腰縄まですませ、吊り縄を足して準備完了!水田マリに吊るよって言って身体を
浮かせました。縄留して脚も固定して平吊りの完成!
水田マリに確認すると、とてもいい、ずっとこうしていたいくらいと言ってくれました(*^^)v
そこへSIVA先生登場!「マリちゃんはこうすると気持ちいいんだよね」と言いながら、足の指に縄を
絡めていきます。水田マリの表情が変わってきて、「ごめんなさい、許してください」と言ってます(*^^*)
SIVA先生のこんなおちゃめな一面も、バランサ緊縛講習会のいいところと思います。
今回の吊りが上手にできたのは、前回不調だった原因を自分なりに分析して、気を付けたからかもしれませんが、
一年間続けてきたことと二年目も頑張れとの意味を込めて、縄の神様がプレゼントしてくれたのかもしれません。
バランサ緊縛講習会も4月から二年目に突入します。水田マリと責貞これからも、誰でも参加しやすい安全で
楽しい講習会を目指して頑張りますので、皆様の応援をよろしくお願いいたします!

今回は写真撮るのを忘れて残念な責貞でした(^^;

関連記事

  1. 2018年 夏! セミの幼虫発見!

  2. 誰か〜水田マリのお尻を叩いてください!(⌒-⌒; )

  3. SM出会い・・・LINEのアイコンについて

  4. 出会いって不思議!

  5. [SM出会いサポート] より相手を知るために・・・

  6. SMの出会い・SMパートナーって?

  7. 水田マリ縄を持つ・・・⑤

  8. 水田マリについて・・・⑦

記事・コラム アーカイブ

バランサ九州 水田マリTwitter