緊縛講習会に参加して・・・水田マリ

昨日は、心繋縄会に参加しました。
バランサ緊縛講習会では、以前は参加者も少なかったので、水田マリも縛り手として学んでいたのですが、お陰様で、参加者が多く、私も責貞も、スタッフらしく・・(⌒-⌒; )
受け手(マリ)や、指導(責貞)などのお手伝いをしています。このように、責貞も中々バランサでは縛れなくなっていますので、私達にとって心繋縄会は大事な学ぶ場です!!

今回は、横吊りをはじめに練習しました。これまでの練習で、もう手順は出来ているので、
高さが少し足りないなぁ〜と・・高めに吊ることをポイントにして練習開始!
良い感じの高さに吊ることが出来ました。少し頭側が低いかな〜というのもありましたが、とても良い出来だったと思います。
次に縦吊りの練習!SIVA様の考え中の背縄の新しい手法を試してみたり、胡座をしてみたり・・。もっとストレッチしないといけないな〜と反省(ーー;)

普段でしたら、2回の吊りで終わるのですが、ここは、もう1押し!もう一縛!!
一人である程度自信を持って、縦吊りができるように!と思いまして・・・。
時間がなかったので、脚は・・一番簡単に!M字開脚でいいから!と・・・
しかし、いざM字にしてもらうと・・・すごく恥ずかしい(≧∀≦)
でも、しっかり縦吊りすることができました。
お疲れ様でした。

責貞は、本当に真面目で、努力家で、習得が早いです!
しかし、経験的には浅いため、まだまだ・・・ですが、どんどん技術を習得するのだろうなぁと思います。とりあえず、平・横・縦の基本を教えていただいたので、これからは、もう少しそれぞれの吊りを、ゆっくり、じっくりいろんなパターンを学んで行けたらいいなぁと思います。ここからは、受け手の柔軟性などが問われてくるのだと思うので、私も日々の努力を頑張らなくては!と思います。
二人で作り上げる緊縛というものは楽しいものです。
大人になっても、何かを学んで積み重ねる事って、とてもいいですよ!
緊縛の魅力や深さをもっと皆さんに知っていただきたいと水田マリは思います。

緊縛講習会で、ある参加者の方と話をしておりました。
会社では、男性ばかりの職場で結構オープンな感じなので、縄は公認になっているそうです。
お仲間さんから、縄の手入れなどをしたりすると、「なぜそんな面倒なことをわざわざするのか?」というようなことを言われたそうです。
その方は「みんな普通のS○Xをしているんだろう?俺は、それだけではなく、そういった技術を学んで、より楽しんでいるのだ!」と・・・。
普通の人は、ノーマルな行為で満足というか?そういったプレイしかしていないのだと思います。それで何かマンネリ化したりすると、刺激を求め、大人のおもちゃとかに走るのだと思います。というか、男性自体が、女性をより感じさせたい!と思うか?思わないか?なのかもしれません!!一般的な?それなりのことをして、男性が放出する!男性は満足する!
女性は、こんなものなんだろうな?という感じで、それなりにしか感じたことがない人も多いのかもしれません!女性は、男性に、あ〜して!こうして!とは、中々言わないものです!
あまり感じていない!満足していない!ということも言わないものです!
女性の中には、身体的なものや男性経験によって、イクこともよく知らず、一生を終える人も多いのかもしれません。
Sの男性は、女性をより感じさせたい!その感じている姿を見るのが快感な人も多いのかと思います。そのために、努力する!学ぶ!それは、とても素晴らしいことだと思います。
一般の人から見たら、ただの変態なのかもしれませんが、私はその変態はカッコいいと思います。
女性の想いを叶えてあげられる技術を持っているのですから!!
SMに関わらず、
本当は、もっと感じてみたい!そう思う女性は多いのだと思います。
そのヒントが、SMの中にたくさんあるのかもしれませんよ^_−☆

バランサ緊縛講習会にもみなさんぜひご参加ください。
⬇️詳細はこちら
2019年5月26日(日)
https://balanza.jp/event/2019/04/4059/

2019年6月23日(日)
https://balanza.jp/event/2019/05/4326

 

関連記事

  1. 素敵なSMパートナーと満たされた人生を生きよう!

    バランサ マッチングもドンドン頑張ります!♡

  2. 天馬ハルさんの緊縛講習会に参加して♡

  3. 縄パートナーさんとの最後のチャレンジ・・練習④

  4. 2018/4/22 第2回バランサ緊縛講習会を終えて①

  5. 縄パートナーさんとの最後のチャレンジ・・練習③

  6. 水田マリについて・・・⑥

  7. 水田マリ洗濯機が壊れた・・の巻

  8. バランサ緊縛講習会の目的・・・マリ談